つむぎの台所

北九州市八幡西区の小さな自宅キッチンで絆麦(つむぎ)と言う少人数制のパン教室をしています♪

パン教室

20100930.jpg


今週の火曜は仕事をお休みして、パン教室の体験に
行ってきました。

パンを作り出して、かれこれ13年以上?
ず~っと独学でやってきたんだけど、他の人はどんな風に
やってるんだろうと。


近くで行われているパン教室はふたつあって、ほんとは
本職のパン屋さんが教えている教室の方に行きたかったんだけど、
そっちは時間的に難しく、もう一方のパン教室の先生が教える
教室へ行ってきました。

参加されてる方は私よりずっと年配の方や主婦って感じの方が多くて、
皆さん趣味でやられてる感じで、内容的にもそんなに本格的でも
ないかなぁて感じでしたが、色々と新しい発見があったりして、
結構面白かったです。

やっぱり時々外に目を向けた方がいいですね。


その日作ったのは、いちじくのクッペとチョココルネ。

偶然にも前日コルネを作っていたし、コルネはそんなに苦手じゃない
と思ってたけど、そもそも私は生地を伸ばす時普通に棒状に伸ばす
んですが、ここでは円錐場に伸ばしてました。

後、よく棒状に伸ばす時、途中に空気が入ってしまったりしてた
んですが、先生から空気が入った所を叩くと良いと教えて頂きました。
なるほど~、目からウロコ。

これまで私はコルネの型に油を塗ったことはなく、どうしても
型はずしの際に生地が少しくっついてしまってたんですが、油を
塗るもんなんですね~。
油を塗ったら巻きにくそうだから、塗ったことがありませんでした。

それから、私はコルネは下から上に巻きつける(その方が生地の
巻き初めや巻き終わりの処理がしやすいので)んですが、この教室
では、上から下だったんでやりずらかった。

先生に確認したら、どちらも良いそうですが。


私は中身は市販のチョコホイップや、卵サンドの中身を
よく詰めるんですが、チョコクリームの作り方も教えて
頂きました。

全然難しくないんて、今度家でも作ってみようっと。


いちじくのクッペは、フランスパン粉にライ麦が1割入った生地に
ドライいちじくを混ぜたものなんですが、全然ハードじゃなくて、
柔らかくて、すごく美味しかったぁ。

クッペの成型の仕方は知ってましたが、そのやり方で日頃はやってなくて。
改めてやってみると、いつもより綺麗に簡単に成型できました(笑)

クープ剃刀は刃だけのタイプだったんですが、すごく切りやすくて。
サーっと切れるんですよ!
生地の表面が乾いてるのもあるのかな。

家でも専用の剃刀を使ってるんですが、なかなか旨く切れなくて。
また、切れてもなかなか綺麗に開かなかったり、なんですが。

今回のクッペは表面にバタールのようにカットしたバターを
切れ目に入れて焼くんですが、バターのせると美味しいですね。


教室ではパンマットの上で作業するんですが、家では普段ボードを
使ってます。
パンマット、打ち粉しなくてもほとんどくっつかないし、
作業し易いですね。
帰ってから、久々パンマット出して、作業しました(笑)


20100930_1.jpg

サラダも作ったんですが、本当に具沢山のサラダで。
サラダ菜、ベビーリーフ、レンコン湯がいたもの、梨、きゅうり、
オクラ、ゆで卵。

梨はデザートかと思いましたよ~(笑)
サラダにも合うんですね。
すごく食管良いし。

うちでそんなサラダ作ったら、旦那に蹴倒されそうですが。
(フルーツが入ってると嫌いなんで)

また先生のお手製のドレッシングが美味しかったぁ。
そのレシピが聞きたかったな。


デザートも作りましたよ。

20100930_2.jpg
タピオカといちじくジャムの入ったゼリー

タピオカって初めて使いました。
湯がいて使うもんなんですね~。
見た目は魚の卵みたいだけど、食感はクニクニしてて美味しかった。

隠し味に、ヨーグルトのリキュー入ってるんですよ!
ヨーグルトのリキュールなんてあるんですね。
これまた初めて見ました。


やっぱりちゃんと習ってみると、色々と新しい発見や再確認できる
ことがあって楽しいですね。
あっというまの3時間で、ずっとワクワクしてました。

ますます、パン作りが仕事になれば良いのにな、と思っちゃった☆

0 Comments

Leave a comment