つむぎの台所

北九州市八幡西区の小さな自宅キッチンで絆麦(つむぎ)と言う少人数制のパン教室をしています♪

初めての基礎①

20140618_14.jpg

先週水曜の基礎①のレッスンです。

内容が変わってから初めてのレッスン、初めましてのHさん含む
大人2名様にお越し頂きました♪


ずっと手ごねを専門にやられてたSさんのこね加減は素晴らしかったですね~。
私でもあの時間であそこまではこねれないって位、綺麗なこね上がりでした。
私もがんばらねば



20140618_10.jpg

双子パンの成形。
菜箸で形をつけます。

この押し加減が難しいんですよね~。
強すぎると切れちゃうし、弱いと消えちゃうし。



20140618_11.jpg

レーズンパンのレーズンは成形時に入れる後入れ。
まんべんなく入る方法をお教えしますね。



20140618_12.jpg

成型は、丸に始まり丸に終わる、て位基本でかつ難しい丸め。
成形の丸め加減がそのまま出来上がりにつながります。



20140618_15.jpg

仕上げ作業で~す。

レーズンパンは塗たまをして、カットしてシュガーバタートップにします。



20140618_16.jpg

焼き上がり♪

すみませ~ん、焼き色が少し薄めになってしまいました。


ひっさびさにやりました。
まさかのオーブン余熱し忘れ

最近のオーブンは優秀で、200℃余熱まで6分なので、仕上げ発行中に
なんとか余熱が間に合ったんですが、庫内の温度はそこまで上がってなかった
様で、いつも通り焼いても色づきがイマイチで、延長して焼きました。

せっかく一生懸命作ったパンたち、最後までちゃんと仕上げてあげないと
いけませんね。すみません



20140618_13.jpg

試食で食べて頂くのは、私が朝焼いたもの。
こちらは機械ごねです。
双子パンにはたっぷりのお野菜とハムをはさんで頂きます♪

機械ごねと同様のボリュームを手ごねで出すのはなかなか難しいです。
おうちでされる場合は、しっかりこねて、強いグルテンを形成できるよう
がんばってみてください。

そのためのコツも、レッスンでお教えできたらなと思います。


お越し頂きありがとうございました。
またのお越しをお待ちしています

0 Comments

Leave a comment